blog.toriminin.com > 街で見たマンホール

南富良野町

南富良野町

中央にかなやま湖を象徴するカナディアンカヌーです。
左側に町の花ヒナゲシ、右側に町の木クルミの木が描かれています。


新得町

新得町

新得町にあるスキー場を含めたサホロリゾートと、上の花は町の木である エゾヤマザクラです。


八雲町

八雲町

北海道地図から八雲町の位置を表しています。
八雲町は熊石町と合併しましたが、旧八雲町です。


森町

森町

中央は駒ヶ岳、上のサクラは町の花です。
森町は砂原町と合併しましたが、旧森町です。


富良野市

富良野市

北海道の真ん中、「へその町」であり、「北海へそ祭り」をイメージしています。


富良野市

富良野市

富良野ワインをイメージしてブドウと丘陵地をイメージしています。


中富良野町

中富良野町

町の花であるラベンダーが描かれています。


美瑛町

美瑛町

丘の町、美瑛町をイメージしています。


東川町

東川町

旭岳とナキウサギをデザインしています。


清水町

清水町

デザインは、周りが町章と、町の鳥のウグイスをイメージしたゆるキャラの「うっちゃん」がメインです。
ゆるキャラには、、「ノーマルヴァージョン」、「アイスホッケーヴァージョン」、「お祭りヴァージョン」、「スキーヴァージョン」があり、それらが書かれているのだと思います。


占冠村

占冠村

トマムは、スキー場を中心に開発したリゾートですので、雪のマークとスキー板をデザインしています。中央は、札幌駅と結んでいたトマムエキスプレスだと思います。


占冠村

占冠村

村の木であるカエデをデザインしています。


占冠村

占冠村

村の木であるカエデと村立自然公園「赤岩青巌峡」をデザインしています。


北斗市

北斗市

新函館北斗駅の近くで撮りましたが、北海道新幹線とトラピスト修道院をデザインしています。


池田町

池田町

ワイン城とワイン、ブドウをデザインしています。


本別町

本別町

町の花のエゾムラサキツツジをデザインしています。


鶴居村

鶴居村

タンチョウの求愛ダンスをデザインしています。


標茶町

標茶町

町の木のナラをデザインでいます。


釧路町

釧路町

中央は町の鳥のエゾフクロウ。周囲は町の花のクシロハナシノブです。


白糠町

白糠町

郷土芸能の駒踊りをデザインしています。


白糠町

白糠町

「太陽の手」のモニュメントと太平洋とカモメをデザインしています。


釧路市音別町(旧音別町)

釧路市音別町(旧音別町)

釧路市と合併して釧路市となりました。
中央は町の花のエゾリンドウ。周囲は町の木のナナカマドです。


大樹町

大樹町

町の花、コスモスをデザインしています。


幕別町忠類(旧忠類村)

幕別町忠類(旧忠類村)

幕別町と合併して幕別町になりました。
日本で初めてナウマン象の化石が発掘されたため、ナウマン象のデザインです。


幕別町

幕別町

旧幕別町のマンホールです。
幕別町は「パークゴルフ発祥の地」ですが、パークゴルフ場でよく見かけるマークですが公益財団法人日本パークゴルフ協会のマークでしょうか?ちなみに野鳥はクマゲラです。


浦幌町

浦幌町

浦幌町吉野で撮りましたが、浦幌町のマンホールです。
町の鳥のアオサギ、町の木のナナカマド、町の花のハマナスがデザイン。


豊頃町

豊頃町

豊頃町茂岩で撮りましたが、豊頃町のマンホールです。
ハルニレの木が名所なので、そのハルニレの木とサケ。


砂川市

砂川市

道央自動車道の砂川SAの隣にある「こどもの国」をイメージしています。


砂川市

砂川市

砂川市の花であるスズランをイメージしています。


砂川市

砂川市

砂川市の木であるナナカマドをイメージしています。


安平町追分町(旧追分町)

安平町追分町(旧追分町)

胆振支庁管内安平町ですが、平成の大合併により早来町と合併して安平町となった旧追分町のマンホールです。
デザインは、町の花木であるエゾヤマザクラ、草花である赤いヒマワリ、木であるシラカバ、獣であるエゾシカです。


安平町早来町(旧早来町)

安平町早来町(旧早来町)

胆振支庁管内安平町ですが、平成の大合併により追分町と合併して安平町となった旧早来町のマンホールです。
デザインは、町おこしとして売り出されたふるさと小包「雪だるま小包」でも知られているため、雪だるまがメインで、ディープインパクトなどのサラブレッドの生産も有名なため、サラブレッドと町の花のスズランです。


安平町追分町(旧追分町)

安平町追分町(旧追分町)

胆振支庁管内安平町ですが、平成の大合併により早来町と合併して安平町となった旧追分町のマンホールです。
デザインは、マンホール以外にも町のあちこちに同じデザインが掲示されていますが、追分町のイメージ・ステートメント「[おいわけ すーっと ひといき 深呼吸」 をシンボル化したマークで、生き生きと美しく、豊潤な大地に足をふんばって立つ人は、未来を開拓する追分住民を表現しているそうです。


由仁町三川

由仁町三川

最初から由仁町管内だったようですが、由仁町とは違うマンホールデザインでした。
デザインは、東三川でマンモスの臼歯化石が発見されたので、マンモスだと思います。


由仁町

由仁町

空知支庁管内由仁町三川のマンホールです。
最初から由仁町管内だったようですが、由仁町とは違うマンホールデザインでした。
デザインは、東三川でマンモスの臼歯化石が発見されたので、マンモスだと思います。


栗山町

栗山町

空知支庁管内栗山町のマンホールです。
デザインは、ここが東限とされている国蝶オオムラサキのイメージです。


岩見沢市栗沢町(旧栗沢町)

岩見沢市栗沢町(旧栗沢町)

平成の大合併により、岩見沢市と合併しましたが、旧栗沢町のマンホールです。
デザインは、シマリスですが、栗沢町の名の由来はアイヌ語の「ヤム・オ・ナイ」(栗の多い沢の意)の意訳によるものなので、そのイメージだと思います。


長沼町

長沼町

長沼町のマンホールのカラー版です。


南幌町

南幌町

南幌町の街のイメージでしょうか?


長沼町

長沼町

デザインは、盛んな稲作と長沼町の花のライラックと馬追(マオイ)の丘でしょうか。


釧路市

釧路市

釧路湿原をデザインしていると思います。


釧路市

釧路市

タンチョウをデザインしていると思います。


恵庭市

恵庭市

恵庭市内で新しく見つけたデザインです。
デザインは、恵庭市の鳥のカワセミと木のイチイと花のスズランでしょうか。


余市町

余市町

私の探し方が悪いのかもしれませんが、街中を探したのですが、なかなか見つからず、道の駅にありました。
魚はサケかニシンだろうと思いますが、花は町の花のリンゴでしょうか?


恵庭市

恵庭市

四角なのでマンホールとは違うかもしれませんが、雨水が流れ込むところです。


旭川市

旭川市

旭川市内のマンホールは2種類目です。
旭川市の木になっているナナカマドをデザインしていると思います。


北広島市

北広島市

北広島市内で3種類目です。
市の木であるカエデと市の花であるツツジをデザインしていると思います。


旭川市

旭川市

毎年3月に開かれているクロスカントリースキーの大会、旭川国際バーサー大会をイメージしたデザインです。


恵庭市

恵庭市

恵庭市内のマンホールは、これ以外にスズランのデザインのものがありますが、こちらは市章をデザインしたものです。


北広島市

北広島市

北広島市内でよく見かけます。
北広島市の市章をデザインしているようですが、市章は中央の円の中に「ひ」を図案化して、まわりの波模様と三角形によって、村から町、町から市へ発展する可能性を表現しているそうです。


札幌市中央区

札幌市中央区

札幌市中央区(すすきの)で見つけました。
札幌市内でよく見かけるマンホールとは違い、場所限定なのかもしれません。
デザインはスズランですね。


浦河町

浦河町

浦河町荻伏で撮りましたが、日高ヤマツツジがデザインされています。
日高ヤマツツジは、浦河町の町の花のようです。


苫小牧市

苫小牧市

苫小牧市勇払で見たマンホールです。
場所は、勇払マリーナの駐車場ですし、ここでしか見たことがありませんので、苫小牧市と言うよりは駐車場の所有者のものなのかもしれません。
ちなみに、道路は苫小牧市のアイスホッケー等をイメージしたマンホーでした。


札幌市内

札幌市内

札幌市北区内で見つけたマンホールです。
札幌市内にはいくつかの種類がありますが、これは初めて見ました。
デザインはスズランでしょうか?


美唄市

美唄市

美唄市内のマンホールです。
美唄市と言えば私にとっては宮島沼ですが、マンホールのイメージもその通りで、ハクチョウと上を飛ぶのはガンだと思います。


小樽市

小樽市

小樽市内で見つけたマンホールです。
デザインは、以前紹介したことがあるモノクロ版と同様、ラッコの親子だと思います。
でも、これはカラー版よりモノクロ版の方がいいです。


北広島市

北広島市

北広島市のマンホールです。
デザインの意味はちょっと分かりませんが、開拓記念公園の石板にも同じデザインがありましたので、深い意味があるんだろうと思います。
でも、北広島市なので、クラーク博士がデザインかな?と思って歩いたのですが、違いました。


赤平市

赤平市

赤平市内のマンホールです。
空知支庁管内にあり、かつては炭鉱で栄えた街ですが、今は観光にシフトしようとしているようです。
花は市の花である菊です。


新ひだか町三石町(旧三石町)

新ひだか町三石町(旧三石町)

新ひだか町は、静内町と三石町が合併し、こちらは旧三石町のマンホールです。
デザインはコンブ漁です。


浦河町

浦河町

浦河町内のマンホールです。
日高というとサラブレッドを想像する方が多いと思いますが、デザインも乗馬です。


洞爺湖町洞爺町(旧洞爺村)

洞爺湖町洞爺町(旧洞爺村)

洞爺湖を囲む虻田町と洞爺村が合併して洞爺湖町になったのですが、旧洞爺村側にあったマンホールです。
デザインは、浮見堂だと思います。


北竜町内

北竜町内

北竜町のマンホールです。
北竜町は、ヒマワリの作付けが日本一と言うことで、街灯をはじめ、あちこちにヒマワリをデザインしたものがあり、マンホールもヒマワリです。


新ひだか町静内町(旧静内町)

新ひだか町静内町(旧静内町)

新ひだか町静内町内のマンホールです。
新ひだか町は、静内町と三石町が合併したのですが、これは旧静内町をイメージしたものです。
静内というと「二十軒道路」という桜並木があり、それをイメージしています。


新ひだか町静内町(旧静内町)

新ひだか町静内町(旧静内町)

新ひだか町静内町内のマンホールです。
新ひだか町は、静内町と三石町が合併したのですが、これは旧静内町をイメージしたものです。
静内というと「二十軒道路」という桜並木があり、それをイメージしています。
カラー版です。


札幌市内

札幌市内

札幌市内のマンホールです。
2種類目ですが、これは国道230号線沿い、南区真駒内の近くで撮りましたが、西区にも同じものがありました。
テレビ塔もあり、デザインは大通公園だと思います。


当別町内

当別町内

当別町内のマンホールです。
いろいろなものが入っているようでわかりにくい印象もありますが、石狩川と稲作のイメージでしょうか?
今はヨーロッパ風の住宅が並ぶ地域もあり、昔の印象とは違った町かもしれません。


東京都23区内

東京都23区内

東京都23区内で見つけたマンホールです。
23区内全域にあるデザインなのか、歩いた豊島区、墨田区、練馬区は同じデザインでした。


函館市内

函館市内

周囲は五稜郭をイメージしていると思いますが、建物は旧函館区公会堂です。


函館市内

函館市内

函館市と言ってイメージされる方が多いデザインですね。
教会とカモメ類です。


むかわ町鵡川(旧むかわ町)

むかわ町鵡川(旧むかわ町)

むかわ町の市街地で撮りました。
以前、むかわ町穂別の時にお話ししましたが、穂別町と合併する前の鵡川町の市街地にあったものです。
ですから、旧鵡川町のイメージ、シシャモとタンポポになっています。


厚真町内

厚真町内

厚真町の市街地で撮りました。
中央は田と稲穂のようで、私のイメージとは少し違うので厚真町のホームページを見ると、「いのち満ちる 農の里あつま 大いなる田園の町」と書かれていました。
町の木がコブシ、町の花はヤマツツジなので、周囲の花はこの2つだと思います。


帯広市内

帯広市内

帯広市西帯広で見つけたマンホールです。
何も書かれていないので、帯広市独自なのか、北海道のものなのか、解りませんが、イラストはスズランのようです。


芽室町内

芽室町内

芽室町内のマンホールです。
「ゲートボール発祥の地」にちなんで、右側はゲートボールをしている人、左側は町の木であるカシワの木です。


むかわ町穂別(旧穂別町)

むかわ町穂別(旧穂別町)

むかわ町穂別のマンホールです。
鵡川長と穂別町が合併し、むかわ町となったのですが、合併する前の名残だと思いますが、旧穂別町内でのマンホールです。
恐竜の化石が多く発見されていることから穂別地球体験館がある恐竜の町、と言うことでマンホールも恐竜です。


日高町内

日高町内

日高町内のマンホールです。
町のイメージキャラクターでしょうか?
イラストはリスです。
リスの種類は、イラストはエゾリスっぽいですが、近くの道の駅にあったものを見るとシマリスでしょうか?


札幌市内

札幌市内

札幌市内のマンホール、大通公園で撮りました。
雪の結晶を表現しているのだと思います。


札幌市内

札幌市内

札幌市内のマンホールです。
中央は、札幌時計台、周囲はサケを表現しています。


江別市内

江別市内

江別市内のマンホールの2種類目です。
今度は、これも江別市の名物ですが、ヤツメウナギ漁を表現しています。
これで江別市内では2種類目ですが、両方とも雨水でも汚水でも使われていましたし、2種類のマンホールが並んでいる住宅街もありましたから、どう使い分けているのかは分かりませんでした。


江別市内

江別市内

江別市内のマンホールです。
全体はレンガを表現し、右側は野幌森林公園を、左下は石狩川か千歳川を表現しているように思います。
左上は不明です。


函館市内

函館市内

函館市内のマンホールです。
函館山の夜景から海にはイカ釣りの集魚灯というのが浮かびますが、函館市内ではイカ音頭に最近ではイカール人・・・と言うことでデザインはイカです。
もう一つ、五稜郭と旧函館区公会堂をデザインしたものを見かけましたが、撮り忘れました。


小樽市内

小樽市内

小樽市内のマンホールです。
大きなものとは別に少し小さめのものがあったのですが、こちらは観光地とは少し離れたところにありました。


小樽市内

小樽市内

小樽市内のマンホールです。
さすがに観光地付近でよく見かけましたが、デザインはラッコの親子のようです。


北海道開発局

北海道開発局

千歳市内の国道337号線で撮りました。
今は国土交通省に入っていると思いますが、国の北海道関係の道路、港湾、空港関係の工事等を担っているのが北海道開発局ですが、事業仕分けの前から、統廃合も話題になります。
マークは、北海道開発局のマークで、北海道をデザイン化しています。


北海道

北海道

道道600号線(島松千歳線)で撮りました。
隣に千歳市のマンホールがあり、一瞬、「???」と思いましたが、道道だったと気づきました。
デザインは、旧道庁赤レンガです。


白老町内

白老町内

胆振支庁管内白老町内のマンホールです。
町内でもよく見かけるマークなのですが、中は山なのかな?と思いますが、何をデザインしているかは分かりません。


苫小牧市内

苫小牧市内

スケート王国の街と言われるとおり、左側にはアイスホッケーの選手が描かれています。


千歳市内

千歳市内

千歳市内のマンホールです。
比較的よく見かけますが、マンホールが何に使われているかは不明です。
デザインは他の種類と同様、上から空港、樽前山、支笏湖、サケだと思います。


千歳市内

千歳市内

千歳市のマンホールです。カラー版もありますが、モノクロです。
中央が千歳市のマーク、左上が空港を表し、右下が支笏湖と樽前山、右上と左下がサケです。


千歳市内

千歳市内

千歳市のマンホールです。モノクロ版もありますが、カラー版です。
中央が千歳市のマーク、左上が空港を表し、右下が支笏湖と樽前山、右上と左下がサケです。