環境

2016年3月26日 (土)

日高山脈より西側にタンチョウ

Tancho160325

一時期、絶滅寸前だったタンチョウも道東では飽和状態になってきました。
しかし、なぜか日高山脈を超えて西側には定着しません。
それでも最近、西側でもタンチョウを見かける機会が増えてきました。
なかなか子育てをしてくれるものが現れませんし、ヒナが誕生しても心ないカメラマンの行動等、障害も大きくなっています。
もともとは西側もタンチョウがいた土地、何とかこちらにも増えて欲しいです。


野鳥観察 ブログランキングへ


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月28日 (火)

美々川源流

Bibigawa150726

この週末、約10年ぶりに美々川源流に行く機会がありました。
崖から水が流れ始める幻想的な場所ですが、今回は霧がかかり、ますます幻想的でした。
しかし、10年前より水量が少ない感じがしますし、肉眼では解りませんが、調査によると水質も悪化しているようです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月11日 (火)

タンチョウが舞う千歳川流域の地域づくり

Tanchou141109a

9日(日)に舞鶴遊水地にタンチョウを呼び戻す会と日本生態系協会主催の表題の会に出席してきました。
場所は長沼町で、以前に北海道新聞にも取り上げられていましたが、今年度に完成する舞鶴遊水池にタンチョウを呼び戻そうと会が立ち上がり、講演とパネルディスカッションがありました。
私は遅れての参加になりましたが、トキを呼び戻した佐渡市の取り組みも取り上げられていました。
パネルディスカッションでは、もう少し時間を取って深く突っ込んでも良かったのではないかと思いましたが、舞鶴遊水地に2年前にタンチョウが見られたそうですし、農業関係者も賛同者と言うことで、(地面の)環境が整えば現実になるのでしょう。

Tanchou141109b

増えていった場合、隣で市の名前に使っているのに及び腰と思われる千歳市にも飛来してくると思われますし、水位が下がっている長都沼でも見られるのかもしれず、勇舞遊水池より広大な根志越遊水地を持つことになる千歳市はどうするのかな?というのもあります。
でも、希望を持ってみていきたいです。

Tanchou141109c

「呼ぼう」ではなく「呼び戻そう」という言葉がキーワードだと思いますが、長沼町にはかつて、タンチョウ以外のツルが多く営巣していたというのが驚きでした。


野鳥観察 ブログランキングへ


にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月26日 (月)

ウトナイだより 夏号

Dsc_00261

日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリからウトナイ湖ファンクラブ会員向けに「ウトナイだより 夏号」と2012年度の活動報告書が届きました。
今回の「夏号」は、この間の活動と1983年からのガン類調査の結果が簡単にまとめられています。
今年も11月に「ファンクラブの集い」が開催の予定です。
ファンクラブの会員になり、ウトナイ湖とその周囲の環境保護に参加しませんか。
興味がわいてきましたら是非、ウトナイ湖サンクチュアリにお問い合わせください。


野鳥観察 ブログランキングへ


にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月23日 (月)

エゾシカ

Ezoshika131223
千歳神社のすぐ裏の林です。
2頭だと思ったのですが、写真を撮っている方の話しでは4頭いたとのことです。
青葉公園内でエゾシカを見ることは珍しくなくなってしまいましたが、この冬、木の枝まではがされそうで、何らかの対策を取らないと影響が大きそうです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年10月24日 (木)

苫東地域で7種の希少鳥類

北海道新聞や読売新聞にも同様の記事が載っていましたが、10月21日(月)付の千歳民報からです。
日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリは、苫小牧東部地域でシマクイナ、アカモズ、チュウヒ、タンチョウ、オジロワシ、マキノセンニュウ、オオジシギ、タンチョウの7種の希少鳥類を確認したと発表したそうです。
中にはシマクイナという絶滅危惧種もいます。
この地域は、工業用地にもなっているところもあり、常に開発の可能性があります。
バブル崩壊で残された地域にあたらに希少鳥類が安住の地を求めてきていることでもあり、先にラムサール条約登録地となっているウトナイ湖と共に残して欲しい地域です。


野鳥観察 ブログランキングへ


にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月10日 (土)

看板が乱立

Meiwaku130810
この林東公園は、自然保護を目的としているのですが、注意の看板が乱立しています。
それだけ守らない人が多いと言うことなのでしょう。
また新たに看板が増えていましたが、せっかく自然が残されている公園が「治安のために整備しよう」という声がないよう、マナーも守って欲しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

根志越遊水地予定地の今

根志越遊水地の基本的な整地が終わったのか、工事をしていないようでした。

Yuusuichi130414a
低くなったところに水がたまっていましたが、こちらは少し深くなっているようなので、もしかしたらこのまま貯めておくのかもしれませんが、入り口も出口も見つかりませんでした。

Yuusuichi130414b
こちらはどちらかというと雪解け水がたまっているのかもしれません。
どちらもこのままだと新しい野鳥の観察地になりそうですが、そうはいかないのでしょうね。
数羽のオオハクチョウとダイサギが上空を舞っていましたが、居心地が良さそうだとみていたのか、去年までは数千羽のハクチョウが羽を休めていたので、それを期待してきていたのかもしれません。


野鳥観察 ブログランキングへ


にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月15日 (火)

ロードヒーティング

Yuusetsu130112a
上の画像のアスファルトが見えている部分はロードヒーティングの部分、氷のままはロードヒーティングがない部分です。
節電・省エネの時代、ロードヒーティングについてもいろいろ意見があると思いますし、私自身も「贅沢だなぁ」と思う場所もあります。
でも、贅沢なのかもしれませんが、この坂道もきっと、凍ったら歩くどころか、立ち止まっても自然に滑り落ちていくようになると思います。
もっといい方法はないのでしょうか?

Yuusetsu130112b_2
この近くもそうですが、下水は温かいので側溝の部分は雪がとけます。
こういうものも利用できないのでしょうか?
それにいつも思うのは、千歳市にも焼却場がありますが、この熱も有効に利用できないのでしょうか?

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月20日 (土)

根志越遊水地の工事開始

Neshikoshi121020
千歳川の洪水対策で決まった根志越遊水地の工事については以前、こちらに10月から着工予定と書きましたが、掘削工事が始まったようです。
予算の単年度主義の影響でしょうか?工事は来年3月19日までとなっています。
その時にも書きましたが、洪水にならないときは公園になるようですが、そのままにして野鳥の楽園としてくれたらありがたかったのですが。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧