ウトナイ湖

2020年4月 5日 (日)

ウトナイ湖(2020/04/04)

【場 所】 ウトナイ湖
【年月日】 2020年4月4日(土)
【時 刻】 11:34~13:10
【天 候】 晴れ後くもり(強風)
【観察種】 15種
コブハクチョウ、ヒドリガモ、マガモ、アオサギ、トビ、オジロワシ、
コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、ヤマガラ、
シジュウカラ、エナガ、ハクセキレイ、ベニマシコ
【備 考】
ネイチャーセンターから野生鳥獣保護センターまでの往復とイソシギのデッキまでの往復です。
かなり風が強かったですが、オジロワシが1羽、湖面を見ながら飛んでいましたが、風の影響はきつそうでした。
ヒドリガモの群れが見られましたが、マガモは1つがい、コブハクチョウは1羽でした。
亜種シマエナガは、数カ所で見られましたが、どちらも単独で見られました。
アオサギは、林から湖面に向かって飛んでいました。
P1370076


野鳥観察 ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2020年4月 4日 (土)

ウトナイ湖ネイチャーセンターの閉館解除

新型コロナウィルス拡大防止のため閉館していたウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターは今日(4月4日)から開館しました。
ただ、当面はまだ状況が見えないため、開館時間は9時30分~16時30分に短縮して、望遠鏡、図書、展示、飲み物サービスの提供は出来ないそうです。
また、来訪者が使ったスリッパは、その人限りで消毒をするんだと思います。
それ以外に、館内は展示物は触らないよう、片付けられています。
私がいたときにもお客さんが見えていましたが、来訪者については一安心ですが、何事もないことを願うばかりです。
 
参考までに道の駅側のウトナイ湖野生鳥獣保護センターは4月1日から開館しています。
P1370079

P1370082



野鳥観察 ブログランキングへ



にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年3月21日 (土)

ウトナイ湖(2020/3/21)

【場 所】 ウトナイ湖
【年月日】 2020年3月21日(土)
【時 刻】 4:40~6:00
【天 候】 晴れ
【観察種】 13種
マガン、ハクガン、オオハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、
マガモ、ホシハジロ、ホオジロガモ、ミコアイサ、ハシボソガラス、
ハシブトガラス、シジュウカラ、ハクセキレイ
【備 考】
ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターのヒシクイ・マガン羽数調査で自身で確認できたものです。
ウトナイ湖野生鳥獣保護センター側の東屋からです。
マガンは約6000羽、その中に約20羽のハクガンが混じっていました。
一気に湖面は静かになりました。
P1350909



野鳥観察 ブログランキングへ



にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年3月18日 (水)

ウトナイ湖(2020/03/18)

【場 所】 ウトナイ湖
【年月日】 2020年3月18日(水)
【時 刻】 4:30~6:00
【天 候】 くもり
【観察種】 18種
マガン、ハクガン、シジュウカラガン、オオハクチョウ、ヨシガモ、
マガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサ、カワアイサ、
ウミアイサ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、カワセミ、
ハシブトガラス、ヒヨドリ、ハクセキレイ
【備 考】
ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターのヒシクイ・マガン羽数調査で自身で確認できたものです。
ウトナイ湖野生鳥獣保護センター側の東屋からです。
マガンは約7万羽、ハクガンは全体で7羽、シジュウカラガンは2羽でした。
カワセミは声のみが確認できました。
P1350656



野鳥観察 ブログランキングへ



にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年3月 7日 (土)

ウトナイ湖の今

ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターもウトナイ湖野生鳥獣保護センターも新型コロナウィルス感染防止対策のため閉館になっています。
閉館期間は、ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターは2月29日(土)~3月31日(火)までの予定、ウトナイ湖野生鳥獣保護センターは3月4日(水)~3月19日(木)までの予定ですが、今後の状況によって変更される可能性もあるようです。
しかし、散策路は歩くことが出来ますし、ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターの玄関口には自然情報があります。
サンクチュアリネイチャーセンターによるとウトナイ湖は、3月4日(水)は18,000羽のマガン、ヒシクイゼロでしたが、6日(金)はマガン123羽、ヒシクイ18羽だったようです。
P1340610



野鳥観察 ブログランキングへ



にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

ウトナイ湖(2020/3/7)

【場 所】 ウトナイ湖
【年月日】 2020年3月7日(土)
【時 刻】 13:14~13:47
【天 候】 晴れ
【観察種】 10種
マガン、コハクチョウ、オオハクチョウ、ヒドリガモ、トビ、
オジロワシ、ハシボソガラス、ハシブトガラ、シジュウカラ、
ウソ
【備 考】
サンクチュアリネイチャーセンターからイソシギのテラスまで行き、一部キタキツネの小径を使って戻りました。
鳥獣保護センター側はわかりませんが、美々川が注ぎ込んでいる部分を中心に開いています。
林では1羽のウソが確認できました。
遠さもあり、ヒシクイはいたのかもしれませんが、確認できませんでした。
オジロワシは3羽でした。
P1340590



野鳥観察 ブログランキングへ



にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年2月 8日 (土)

ウトナイ湖(2020/02/08)

今日は野暮用でウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターへ行ったので、サンクチュアリ内を歩きました。
と言ってもあまり時間が無かったので、ネイチャーセンターから野生鳥獣保護センターに近い東屋までの往復です。
湖面はほぼ全面、完全に結氷してしまいました。
美々川が流れ込んでいる辺りが、開いているようで、カモ類が見られましたが、近くまで行かなかったため、種類までは確認できませんでしたが、オオハクチョウだけは確認できました。
林の中ではカラ類の群れの近くで亜種シマエナガの群れも見られました。
カワラヒワは、千歳方向の入口近くに数羽が見られました。
野鳥ではありませんが、結氷した湖面を走る2頭のキタキツネが見られました。
 
【場 所】 ウトナイ湖
【年月日】 2020年2月8日(土)
【時 刻】 13:12~14:26
【天 候】 晴れ
【観察種】 12種
オオハクチョウ、トビ、コゲラ、アカゲラ、ハシブトガラス、
ハシブトガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、ゴジュウカラ、
ツグミ、カワラヒワ
P1330128

P1330167



野鳥観察 ブログランキングへ



にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年12月22日 (日)

今日のウトナイ湖(2019/12/22)

Dscn1029
昨夜、久し振りに本格的な雪が降り、ウトナイ湖周辺も銀世界になりました。
湖面にも雪が積もっていました。
Dscn1032-2



野鳥観察 ブログランキングへ



にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年12月 8日 (日)

ウトナイ湖(2019/12/08)

【場 所】 ウトナイ湖
【年月日】 2019年12月8日(日)
【時 刻】 9:30~11:30
【天 候】 晴れ時々くもり
【観察者】 日本野鳥の会苫小牧支部探鳥会(14名)
【観察種】 14種
コブハクチョウ、オオハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、
トビ、オオアカゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、
ハシブトガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、ゴジュウカラ
【備 考】
日本野鳥の会苫小牧支部の探鳥会です。
美々川と勇払川の周囲以外は結氷してしまったため、いつもとコースを変え、美々川河口に近いコースにしました。
ネイチャーセンター→イソシギの小径→湖岸の観察小屋→シマアオジの小径→キタキツネの小径→ネイチャーセンターです。
ヒドリガモよりヨシガモが多く見られました。
林の中では何度もオオアカゲラが姿を見せてくれました。
最後に亜種シマエナガを観察することが出来ました。
Dscn0960


野鳥観察 ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2019年11月23日 (土)

ウトナイ湖(2019/11/23)

【場 所】 ウトナイ湖
【年月日】 2019年11月23日(土)
【時 刻】 12:15~14:00
【天 候】 晴れ一時くもり
【観察種】 18種
マガン、コブハクチョウ、オオハクチョウ、ヒドリガモ、マガモ、ダイサギ、オオバン、トビ、オジロワシ、オオワシ、チュウヒ、ハシブトガラス、ハシブトガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ツグミ、アトリ、ウソ
【備 考】
ネイチャーセンターから鳥獣保護センターまでです。
オジロワシは4羽確認できました。
オオバンは、東屋のすぐ目の前にいました。
ダイサギの群れが確認できました。
マガンは、中央付近に200羽ほどの群れがありましたが、何があったのか、途中で飛んでしまいました。
日射しの関係もあり、水面が確認しづらかったですが、2種類意外にカモ類が見られたかもしれません。
アトリは1羽のみでしたが、地面で餌を探していました。
画像は、コンパクトデジカメのみでしたので、良くありません。
Dscn0876



野鳥観察 ブログランキングへ



にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ
にほんブログ村

| | コメント (0)