ウトナイ湖

2020年6月10日 (水)

シオヤトンボ

P1410232
先日、ウトナイ湖へ行ったときに散策路でたくさん飛んでいました。
上の画像はオスです。
下の画像はメスか、未熟のオスのようです。
P1410210


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年6月 8日 (月)

「準絶滅危惧種オオジシギの生態と保護活動」展示

P1410279
ウトナイ湖野生鳥獣保護センター2階市民ギャラリーでは、日本野鳥の会のオオジシギ保護プロジェクトの【準絶滅危惧種オオジシギの生態と保護活動】が展示されています。
サンクチュアリ近郊の小学生による「オオジシギ調べ隊」の子ども達が越冬地のオーストラリアへ行ったことが紹介されています。
6月26日(金)までです。
なお、月曜日が休館日です。
P1410282



野鳥観察 ブログランキングへ



にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年6月 7日 (日)

再開したウトナイ湖ネイチャーセンター

P1410215
再度の閉館になっていましたが、6月6日(土)からいろいろな制約の中、ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターが開館になりました。
展示物や望遠鏡に使えなかったりの制約はありますが、双眼鏡と図鑑は貸し出してくれるようです。
また、入館にはマスクをして欲しいそうです。


また、新型コロナウィルスとは無関係ですが、駐車場からセンターへの通路は倒木の恐れがあるため通行止めになっていて、関係者用駐車場経由で入ることになります。
P1410316



野鳥観察 ブログランキングへ



にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

ウトナイ湖(2020/06/07)

【場 所】 ウトナイ湖
【年月日】 2020年6月7日(日)
【時 刻】 9:14~11:25
【天 候】 くもり後晴れ
【観察種】 21種
コブハクチョウ、キジバト、カッコウ、トビ、オジロワシ、コゲラ、
ハシブトガラス、ハシブトガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、
ヤブサメ、センダイムシクイ、エゾセンニュウ、コヨシキリ、
クロツグミ、キビタキ、ハクセキレイ、カワラヒワ、イカル、アオジ
【備 考】
ネイチャーセンターを中心に野生鳥獣保護センターとイソシギのテラスまでの往復です。
湖面には2羽のコブハクチョウだけでしたが、2羽もソーシャルディスタンスではないですが、かなり離れていました。
例年通りの場所で、コヨシキリとキビタキのさえずりが聞かれました。
木の葉が茂り、ほとんどが鳴き声のみです。
オジロワシは確認出来たのは1羽のみですが、対岸にいました。
P1410216



野鳥観察 ブログランキングへ



にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年4月 5日 (日)

ウトナイ湖(2020/04/04)

【場 所】 ウトナイ湖
【年月日】 2020年4月4日(土)
【時 刻】 11:34~13:10
【天 候】 晴れ後くもり(強風)
【観察種】 15種
コブハクチョウ、ヒドリガモ、マガモ、アオサギ、トビ、オジロワシ、
コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、ヤマガラ、
シジュウカラ、エナガ、ハクセキレイ、ベニマシコ
【備 考】
ネイチャーセンターから野生鳥獣保護センターまでの往復とイソシギのデッキまでの往復です。
かなり風が強かったですが、オジロワシが1羽、湖面を見ながら飛んでいましたが、風の影響はきつそうでした。
ヒドリガモの群れが見られましたが、マガモは1つがい、コブハクチョウは1羽でした。
亜種シマエナガは、数カ所で見られましたが、どちらも単独で見られました。
アオサギは、林から湖面に向かって飛んでいました。
P1370076


野鳥観察 ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2020年4月 4日 (土)

ウトナイ湖ネイチャーセンターの閉館解除

新型コロナウィルス拡大防止のため閉館していたウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターは今日(4月4日)から開館しました。
ただ、当面はまだ状況が見えないため、開館時間は9時30分~16時30分に短縮して、望遠鏡、図書、展示、飲み物サービスの提供は出来ないそうです。
また、来訪者が使ったスリッパは、その人限りで消毒をするんだと思います。
それ以外に、館内は展示物は触らないよう、片付けられています。
私がいたときにもお客さんが見えていましたが、来訪者については一安心ですが、何事もないことを願うばかりです。
 
参考までに道の駅側のウトナイ湖野生鳥獣保護センターは4月1日から開館しています。
P1370079

P1370082



野鳥観察 ブログランキングへ



にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年3月21日 (土)

ウトナイ湖(2020/3/21)

【場 所】 ウトナイ湖
【年月日】 2020年3月21日(土)
【時 刻】 4:40~6:00
【天 候】 晴れ
【観察種】 13種
マガン、ハクガン、オオハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、
マガモ、ホシハジロ、ホオジロガモ、ミコアイサ、ハシボソガラス、
ハシブトガラス、シジュウカラ、ハクセキレイ
【備 考】
ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターのヒシクイ・マガン羽数調査で自身で確認できたものです。
ウトナイ湖野生鳥獣保護センター側の東屋からです。
マガンは約6000羽、その中に約20羽のハクガンが混じっていました。
一気に湖面は静かになりました。
P1350909



野鳥観察 ブログランキングへ



にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年3月18日 (水)

ウトナイ湖(2020/03/18)

【場 所】 ウトナイ湖
【年月日】 2020年3月18日(水)
【時 刻】 4:30~6:00
【天 候】 くもり
【観察種】 18種
マガン、ハクガン、シジュウカラガン、オオハクチョウ、ヨシガモ、
マガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサ、カワアイサ、
ウミアイサ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、カワセミ、
ハシブトガラス、ヒヨドリ、ハクセキレイ
【備 考】
ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターのヒシクイ・マガン羽数調査で自身で確認できたものです。
ウトナイ湖野生鳥獣保護センター側の東屋からです。
マガンは約7万羽、ハクガンは全体で7羽、シジュウカラガンは2羽でした。
カワセミは声のみが確認できました。
P1350656



野鳥観察 ブログランキングへ



にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年3月 7日 (土)

ウトナイ湖の今

ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターもウトナイ湖野生鳥獣保護センターも新型コロナウィルス感染防止対策のため閉館になっています。
閉館期間は、ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターは2月29日(土)~3月31日(火)までの予定、ウトナイ湖野生鳥獣保護センターは3月4日(水)~3月19日(木)までの予定ですが、今後の状況によって変更される可能性もあるようです。
しかし、散策路は歩くことが出来ますし、ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターの玄関口には自然情報があります。
サンクチュアリネイチャーセンターによるとウトナイ湖は、3月4日(水)は18,000羽のマガン、ヒシクイゼロでしたが、6日(金)はマガン123羽、ヒシクイ18羽だったようです。
P1340610



野鳥観察 ブログランキングへ



にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

ウトナイ湖(2020/3/7)

【場 所】 ウトナイ湖
【年月日】 2020年3月7日(土)
【時 刻】 13:14~13:47
【天 候】 晴れ
【観察種】 10種
マガン、コハクチョウ、オオハクチョウ、ヒドリガモ、トビ、
オジロワシ、ハシボソガラス、ハシブトガラ、シジュウカラ、
ウソ
【備 考】
サンクチュアリネイチャーセンターからイソシギのテラスまで行き、一部キタキツネの小径を使って戻りました。
鳥獣保護センター側はわかりませんが、美々川が注ぎ込んでいる部分を中心に開いています。
林では1羽のウソが確認できました。
遠さもあり、ヒシクイはいたのかもしれませんが、確認できませんでした。
オジロワシは3羽でした。
P1340590



野鳥観察 ブログランキングへ



にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ
にほんブログ村

| | コメント (0)