フォト

お知らせ

  • データについて
    ここに載せているデータは、あくまでも個人の観察データです。「いる」、「いない」等は私個人の観察結果ですので、確認できないものも多いと思いますので、ご了承下さい。
  • 画像について
    アルバムも含めて、載せられている画像はクリックすると拡大します。

バナー1

千歳市内の野鳥

  • ツツドリ
    私が個人的に撮った画像から千歳市内で見られた野鳥を紹介します。 写真が趣味でもない、ずぶの素人の画像ですので、お許し下さい。 良い画像が撮れたら順次差し替えます。 画像をクリックすると種名等が表示されます。

青葉公園の野鳥

  • フクロウ
    千歳市内にある青葉公園周辺と林東公園で出会った野鳥たちです。 すべて、実際に青葉公園と林東公園で撮ったものです。 つたないシロウトの画像ですので、良い画像が撮れたら順次差し替えます。 画像をクリックすると種名等が表示されます。

青葉公園の植物

  • ネジバナ
    青葉公園で確認できた植物です。 植物は得意ではありませんし、名前を確認してから載せますので、数が少なく、掲載も遅れることをお許し下さい。 画像をクリックすると種名等が表示されます。

なまけ者鳥見人ブログ

blogパーツ

  • なまけ者鳥見人の観察日誌 - にほんブログ村
  • PVアクセスランキング にほんブログ村
  • 日本ブログ村
無料ブログはココログ

ウトナイ湖

2020年9月13日 (日)

アカヌマベニタケ

Dscn39701
ハラタケ目ヌメリガサ科アカヤマタケ属の菌類だそうです。
ウトナイ湖サンクチュアリで見られましたが、雨のせいもあるのでしょうか、鮮やかな色です。


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

ウトナイ湖の野鳥(2020/09/13)

【場 所】 ウトナイ湖
【年月日】 2020年9月13日(日)
【時 刻】 10:00~11:30
【天 候】 雨
【観察種】 15種
コブハクチョウ、マガモ、カイツブリ、キジバト、アオバト、アオサギ、
ダイサギ、イソシギ、オジロワシ、ハシブトガラス、ハシブトガラ、
シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、アオジ
【備 考】
ウトナイ湖野生鳥獣保護センターからマガンのテラスまでの往復です。
対岸に30話以上のアオサギが見られました。
その中に5羽ほどのダイサギが見られました。
アジサシの仲間、カモメの仲間、イソシギ以外のシギ・チドリが見られましたが、種類までは確認できませんでした。
Fnutonaiko200913



野鳥観察 ブログランキングへ



にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ
にほんブログ村

2020年9月 2日 (水)

時を訪ねて「石狩・勇払運河構想」(北海道新聞の記事から)

2020年8月30日(日)付け北海道新聞「日曜navi」の「時を訪ねて」は「石狩・勇払運河構想」でした。
これを読んで思ったのは、ちょっとテーマからずれるかもしれませんが、「旧長都沼は実際にあったんだな」と言うことでした。
今、長都沼と呼ばれているところは、もともとあった長都沼の中にあるようですが、そのときの一部ではなく、新たに作られた排水路の幅が広くなっているところを通称で呼ばれているところで、旧長都沼と呼ばれることもあります。
しかし、記事で書かれている旧長都沼は、紙面にあるイラストの地図からすると今の長都沼と呼ばれている場所の千歳市側を中心にその周囲の畑や荒れ地を含んだところなのかもしれません。
記事によると、長沼町側は旧長都沼と千歳川を結ぶために学生が掘ったところで、全部ではないようで、今の長都沼とは違うようです。
この点は、何かを読むたび、わからないことがどんどん増えていきます。
 
もう一つ、石狩・勇払運河構想は石狩川河口から勇払川河口に至るルートらしく、イラスト地図ではウトナイ湖の上を通るようで、最初の計画は戦前の話なので、実現していたら今はウトナイ湖は無かったのかもしれません。


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

2020年8月16日 (日)

ウトナイ湖の野鳥(2020/08/16)

苫小牧市にしては暑く、日差しもきつく、日陰に入ると涼しいのですが、直接日光を浴びるとキツかったです。
 
【場 所】 ウトナイ湖
【年月日】 2020年8月16日(日)
【時 刻】 9:32~12:07
【天 候】 晴れ
【観察種】 17種
コブハクチョウ、カイツブリ、キジバト、アオサギ、コゲラ、アカゲラ、
ハシブトガラス、ハシブトガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、
センダイムシクイ、メジロ、コサメビタキ、カワラヒワ、ベニマシコ、
アオジ
【備 考】
ネイチャーセンターから野生鳥獣保護センターまでの往復と、ネイチャーセンターからイソシギのデッキまで、復路はタスオの池経由です。
しかし、タスオの池には水がありませんでした。
湖面は2羽のコブハクチョウと3羽のカイツブリだけでした。
水位が低く、底が見えてきているようなところにアオサギがいました。
林ではメジロの群れが見られました。
Dscn33151





野鳥観察 ブログランキングへ



にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ
にほんブログ村

2020年7月22日 (水)

ウトナイ湖の野鳥(2020/07/22)

【場 所】 ウトナイ湖
【年月日】 2020年7月22日(水)
【時 刻】 11:25~12:40
【天 候】 くもり
【観察種】 18種
コブハクチョウ、キジバト、オオセグロカモメ、トビ、チュウヒ、
チゴハヤブサ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、
シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、センダイムシクイ、クロツグミ、
キビタキ、ハクセキレイ、カワラヒワ、アオジ
【備 考】
ウトナイ湖野生鳥獣保護センターからハクチョウデッキの往復です。
ハクセキレイは鳥獣保護センター側です。
チゴハヤブサは北側から来て道の駅の上空を南へ飛んでいきました。
キビタキは、例年と同じ場所で声が聞こえました。
ほとんどがウグイスのさえずりでした。
ボートが置かれている付近の林でハシブトガラスの群れが見られました。
Dscn27001



野鳥観察 ブログランキングへ



にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ
にほんブログ村

2020年6月10日 (水)

シオヤトンボ

P1410232
先日、ウトナイ湖へ行ったときに散策路でたくさん飛んでいました。
上の画像はオスです。
下の画像はメスか、未熟のオスのようです。
P1410210


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

2020年6月 8日 (月)

「準絶滅危惧種オオジシギの生態と保護活動」展示

P1410279
ウトナイ湖野生鳥獣保護センター2階市民ギャラリーでは、日本野鳥の会のオオジシギ保護プロジェクトの【準絶滅危惧種オオジシギの生態と保護活動】が展示されています。
サンクチュアリ近郊の小学生による「オオジシギ調べ隊」の子ども達が越冬地のオーストラリアへ行ったことが紹介されています。
6月26日(金)までです。
なお、月曜日が休館日です。
P1410282



野鳥観察 ブログランキングへ



にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ
にほんブログ村

2020年6月 7日 (日)

再開したウトナイ湖ネイチャーセンター

P1410215
再度の閉館になっていましたが、6月6日(土)からいろいろな制約の中、ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターが開館になりました。
展示物や望遠鏡に使えなかったりの制約はありますが、双眼鏡と図鑑は貸し出してくれるようです。
また、入館にはマスクをして欲しいそうです。


また、新型コロナウィルスとは無関係ですが、駐車場からセンターへの通路は倒木の恐れがあるため通行止めになっていて、関係者用駐車場経由で入ることになります。
P1410316



野鳥観察 ブログランキングへ



にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ
にほんブログ村

ウトナイ湖(2020/06/07)

【場 所】 ウトナイ湖
【年月日】 2020年6月7日(日)
【時 刻】 9:14~11:25
【天 候】 くもり後晴れ
【観察種】 21種
コブハクチョウ、キジバト、カッコウ、トビ、オジロワシ、コゲラ、
ハシブトガラス、ハシブトガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、
ヤブサメ、センダイムシクイ、エゾセンニュウ、コヨシキリ、
クロツグミ、キビタキ、ハクセキレイ、カワラヒワ、イカル、アオジ
【備 考】
ネイチャーセンターを中心に野生鳥獣保護センターとイソシギのテラスまでの往復です。
湖面には2羽のコブハクチョウだけでしたが、2羽もソーシャルディスタンスではないですが、かなり離れていました。
例年通りの場所で、コヨシキリとキビタキのさえずりが聞かれました。
木の葉が茂り、ほとんどが鳴き声のみです。
オジロワシは確認出来たのは1羽のみですが、対岸にいました。
P1410216



野鳥観察 ブログランキングへ



にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ
にほんブログ村

2020年4月 5日 (日)

ウトナイ湖(2020/04/04)

【場 所】 ウトナイ湖
【年月日】 2020年4月4日(土)
【時 刻】 11:34~13:10
【天 候】 晴れ後くもり(強風)
【観察種】 15種
コブハクチョウ、ヒドリガモ、マガモ、アオサギ、トビ、オジロワシ、
コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、ヤマガラ、
シジュウカラ、エナガ、ハクセキレイ、ベニマシコ
【備 考】
ネイチャーセンターから野生鳥獣保護センターまでの往復とイソシギのデッキまでの往復です。
かなり風が強かったですが、オジロワシが1羽、湖面を見ながら飛んでいましたが、風の影響はきつそうでした。
ヒドリガモの群れが見られましたが、マガモは1つがい、コブハクチョウは1羽でした。
亜種シマエナガは、数カ所で見られましたが、どちらも単独で見られました。
アオサギは、林から湖面に向かって飛んでいました。
P1370076


野鳥観察 ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ
にほんブログ村

 

より以前の記事一覧

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30