« 千歳市内の野鳥(2011/01/22) | トップページ | 千歳市内の野鳥(2011/01/23) »

2011年1月23日 (日)

鳥見のルーツ

Lharutori199004他の方がされていた春採湖の話を聞いて思い出しましたが、私の鳥見と呼べることのスタートは、1990年春の大楽毛海岸であり、春採湖(どちらも釧路市)でした。
釧路市にいた3年間、春採湖で春から秋にかけて毎月開催されていた日本野鳥の会釧路支部の探鳥会で勉強をさせてもらいました。
そして、月に何度も春採湖周辺を歩き、釧路湿原や霧多布、春国岱まで足を延ばしました。
釧路市を離れるときに「最低、季節ごとに年4回来たい」と思ったのですが、考えてみるともう何年も行っていません。

あらためて思うのは、毎日のように鳥見で精神的にもリフレッシュされていることを感謝して、少なくとも3~4ヶ月に一度、根釧を歩きたい。
今は夜行バスで行って夜行バスで帰るって言う手もあるし、今年は日帰りになってもそれぐらいの頻度で行ってみようか。

と、つぶやいて気づいたけど、鳥見ももう21年目に入った。
「なまけ者」とは言え、知識はビックリしちゃうほど、全然成長していないなぁ。

画像は、春採湖に最後に行った時のものです。


人気blogランキングへ


にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ
にほんブログ村

|

« 千歳市内の野鳥(2011/01/22) | トップページ | 千歳市内の野鳥(2011/01/23) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125828/50661197

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥見のルーツ:

« 千歳市内の野鳥(2011/01/22) | トップページ | 千歳市内の野鳥(2011/01/23) »