« 千歳市内の野鳥(2010/07/18) | トップページ | 千歳市内の野鳥(2010/07/19) »

2010年7月18日 (日)

聞きなしよりテンポ

Birder201008文一総合出版の「BIRDER」8月号に2ページに渡ってiPhone用の「野鳥の鳴き声図鑑」の広告が載っていました。
要旨としては、野鳥の声を日本人は「聞きなし」で覚えるけど、欧米人は「メロディー」や「音質」で覚える、というものです。
う~~ん!
と思うのですが、図鑑で鳴き声を確認する場合、どうもしっくり来ないことが多いのです。
書かれているのが文字だけのため、テンポとか、声の高さが分からないので、イメージできないことが多いのです。
確かにセンダイムシクイは「チヨチヨビィ~!」とか、文字にしてしまうものもいますが、そのまま、聞いたままを覚える方が頭に入りそうです。
例えば、聞き慣れた人の声、「ちょっと高め」とか「語尾が下がる」とか、文字で表現して覚えないですよね?

そう思って、ipad nanoを久々に出したら、なぜかイヤーホンが行方不明になっている???


人気blogランキングへ


にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ
にほんブログ村

|

« 千歳市内の野鳥(2010/07/18) | トップページ | 千歳市内の野鳥(2010/07/19) »

コメント

お久し振りです。

確かに以前は図鑑に書かれている文字で鳴き声を覚えようとしましたが、フィールドで実際に聞くと微妙にというか、全然というか、違うんですよね。

昨今の機器は本当に便利になりました。

でも、私はiPodよりもU‐SPEAKバードボイスセットの方が使いやすいです。
使い慣れた図鑑だと目的の野鳥の声にすぐに到達できますが、iPodだと目・科から辿って探すことになり時間が掛かってしまいますし、パラパラと捲るのは本の方が速いんですよねぇ。

電子機器は年寄りには辛い?(^^;

で、イヤホンは見つかりました?(^^;

投稿: ちょんぱぱ | 2010年7月19日 (月) 20時46分

ちょんぱぱさん
イヤーホンは、春用のジャンパーのポケットに入っていました(^_^;)
そうですね、CDの場合は一覧表から見ていましたが、ipodは暗記用と考えた方がいいかもしれませんね。

投稿: なまけ者鳥見人 | 2010年7月20日 (火) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125828/48910059

この記事へのトラックバック一覧です: 聞きなしよりテンポ:

« 千歳市内の野鳥(2010/07/18) | トップページ | 千歳市内の野鳥(2010/07/19) »