« 千歳市内の野鳥(2008/06/10) | トップページ | 千歳市内の野鳥(2008/06/11) »

2008年6月10日 (火)

カラスの生態(1)

北海道ローカルのHBC(北海道放送)ラジオの月曜日~金曜日まで23時30分から「多恵子の今夜もふたり言」と言う番組が放送されています。
今週のテーマは「カラスの生態」と言うことで、昨夜は録音をしながら聞きました。
6月はカラスの巣立ちの季節と言うことで、札幌カラス研究会代表の中村眞樹子さんをゲストに巣立ち行動についてお聞きすると言うことでした。

昨日の放送で、見方というか考え方をこう変えなければいけないんだなと思ったのは、ハシブトガラスとハシボソガラスの違いを説明するとき、私などはどうしても「ハシブトガラスの方が攻撃的です」という言葉を使うのですが、「ハシブトガラスは神経質なため、警戒心が強い」(それで威嚇をする)という説明で、目線が相手側なんですね。
(これは人間同士の関係でも参考になりそうです。)

もう一つ、役立ちそうなのは、私も蹴られたことはまだありませんが、頭の上を低空飛行されることがあるのですが、私が気付かないだけで、カラスが嫌がる行為をしたり、近くにカラスが警戒する何かがあるのでしょうね。
それを避けるのが一番ですが、難しい場合、手を挙げるのがいいのだそうです。
頭を足で蹴ろうと近づく場合、手を挙げていると手があるので翼を傷つけないように寄ってこれないのだそうです。
そう言う余裕があるかどうかは別として、利用できそうです。
でも、一番大事なのは、子育て中のカラスに警戒心を与えないことですね。

放送はまだまだ金曜日まで続くようです。



人気blogランキングへ

|

« 千歳市内の野鳥(2008/06/10) | トップページ | 千歳市内の野鳥(2008/06/11) »

コメント

私も先入観としてカラスは悪い奴、真っ黒で気味
が悪い、鳴き声が嫌とか嫌な事ばかり思い出して
しまいがちですが、なるほど少しは見方が変わっ
たかもしれません。

投稿: 梅ちゃん | 2008年6月11日 (水) 06時23分

ハシボソガラスの巣材集めから巣立ちまでフィールドスコープで観察してたので、目線は確かに変わりました。
手をあげて見ますね。
カメラのレンズを上に向けるのも嫌がりますので
同じ理由でしょうか。
カラスの事知りたかったので、続きを楽しみにしてます♪

投稿: いくぱんまん | 2008年6月11日 (水) 14時59分

梅ちゃんさん
ドラマなどでもイメージが悪く扱われますよね。
でも、じっくり見たらなかなかおもしろいですよ(^_^)

投稿: shima | 2008年6月11日 (水) 22時15分

いくぱんまんさん
カメラを嫌がるのは、銃だと思うか、昔話題になった「野鳥は大きな目が嫌い」かもしれません。
私のような小さなレンズでも嫌がられます(^_^;)

投稿: shima | 2008年6月11日 (水) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125828/41494617

この記事へのトラックバック一覧です: カラスの生態(1):

« 千歳市内の野鳥(2008/06/10) | トップページ | 千歳市内の野鳥(2008/06/11) »