« 千歳市内の野鳥(2006/06/17) | トップページ | 千歳市内の野鳥(2006/06/18) »

2006年6月18日 (日)

野鳥観察用DB

いつもいつも迷うことがあります。
鳥見をしに行って、その場所での観察記録を付けますが、どう記録しておけばいいのか?です。
今までは、テグレットという会社の「知子の情報」というソフトを使って、ここでも紹介している定型でそのまま、どんどん保存していました。
でも、最近はちょっとさぼり気味(^_^;)
さぼりだしたのは、今は、いろんな方法の鳥見の仕方をし出したことも原因で、昔のデータを知りたいときは、自分自身のホームページから調べる方が多いかもしれません。

でも、そろそろきちんと年ごと、場所ごとの統計を取れるように何か方法を考えた方がいいような?
マイクロソフトのaccess等を利用したら自分の都合のいいように記録が出来るのでしょうが、記入しているのに時間がかかりそうだし、観察記録を付けたらそのままデータベースとして保存してくれるフリーウエアのソフトもあるようで、そっちもいろいろ検討してみようかな?

でも、私の統計での利用の仕方を考えたら、真面目に「知子の情報」に記録していくのが一番早道かな?
このソフト、便利ですよぉ。
そのままどんどん気にせずに、テキストのまま入れていけば、いろんな形で検索できます。

何か、「こんな方法がいいよ」って方がいらっしゃいましたら、お知恵をお貸し下さい。

|

« 千歳市内の野鳥(2006/06/17) | トップページ | 千歳市内の野鳥(2006/06/18) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125828/10570032

この記事へのトラックバック一覧です: 野鳥観察用DB:

« 千歳市内の野鳥(2006/06/17) | トップページ | 千歳市内の野鳥(2006/06/18) »