« 千歳市内の野鳥(2006/06/24) | トップページ | 千歳市内の野鳥(2006/06/27) »

2006年6月26日 (月)

高さと体力の差(スポーツ)

今日、サッカー日本代表のジーコ監督が退任の会見が行われました。
その中で、今回のワールドカップで予選敗退になった日本の課題として、「高さと身体の強さに負けた。」ということをあげたそうです。

もちろん私がこれから書くことを十分にされた上で、それでもやっぱり、ということなのだと思いますが、他のスポーツでも日本人の体力、体格などが弱点となるものがたくさんあります。
野球、バスケットボール、バレーボール、アイスホッケー、、、、それ以外でも大きく言えば、スキー板の長さが身長で左右されるジャンプ、1歩の長さがものをいう陸上競技、美しさも左右されてしまうフィギアー、体操等もそうかも知れません。
しかし、それらのハンディーを他の方法で補っていく手段を見つけ、野球も強くなり、バレーボールも一時代を築いたし、それ以外でも世界のトップに立てないまでもある程度の評価を得ていたように思います。
次の監督の候補になっている方が、「日本のサッカーは、他の国を真似していたが、日本のサッカーを」というようなことを言っておられましたが、それがちょっとだけ、忘れて、いるのかも知れません。
他のスポーツも世界に通用しなくなってきたのは、「安易な方法」に傾いているという理由が0.1%ぐらいはないのかな?と思います。
もちろん、世界が日本の緻密さを取り入れたり、業だけでは通用しない体力差もあるのでしょうし、何も知らない素人のうわべだけの考えかも知れませんね。

ここで半分、強引にこのcocologのテーマに結びつけると、今、生存している生物も与えられた条件を最大限に活かすことを(無意識にしても)しながら生きもし、進化もしてきたのですから。

|

« 千歳市内の野鳥(2006/06/24) | トップページ | 千歳市内の野鳥(2006/06/27) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125828/10697559

この記事へのトラックバック一覧です: 高さと体力の差(スポーツ):

« 千歳市内の野鳥(2006/06/24) | トップページ | 千歳市内の野鳥(2006/06/27) »