« 千歳市内の野鳥(2005/12/04) | トップページ | 千歳市内の野鳥(2005/12/05) »

2005年12月 5日 (月)

冬の風物詩(砂箱)

sunabako051205北海道の冬の風物詩なのかもしれませんが、千歳市内の幹線道路(市道)のあちこちに「砂箱」が設置されました。
もちろん、この中には砂袋がいくつか入っているのですが、これからの季節、歩道がアイスバーン状態となり、しかも多くの場合は何故か、かまぼこのように中央部だけ高くなるため、歩道のどこを歩いてもツルツルと滑っていくところもあり、転んで怪我をするのを防ぐため、また、千歳市はそんなに積雪があるところではないので、日中に車道の雪が融け、濡れている路面が夜に凍り、スケートリンク状態になり、クルマも止まらなければ、交差点近くは特にツルツルになっていますから、横断歩道は鏡のようになっています。
この砂はその氷を溶かすためにまくためのものです。

しかし、路面に砂が残り、冬場には気付かないのですが、春になると砂だらけの歩道や車道となり、強い風で砂が舞うこと、この砂が川へと流れ込んでいくことが新たな問題になっていますが、何かいい解決策はないものなのでしょうか。

国道、道道(県道)、市道と、置いている行政機関(国か、北海道庁か、千歳市か)によって砂箱は違うのですが、画像は市道の砂箱です。

|

« 千歳市内の野鳥(2005/12/04) | トップページ | 千歳市内の野鳥(2005/12/05) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125828/7475521

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の風物詩(砂箱):

» 鳥の巣箱ではなく、砂の箱 [函館散歩日記]
ある日坂道に置かれた、大きすぎる鳥の巣箱?そうではなくて、滑り止めの為のすなを入れておくものらしい。多分市がおいているのだと思うのだけど、管轄は明確にされていない。昨年、こういう砂が盗まれるとラジオで言っていた。坂の車道にはアスファルトの下に電気で雪を...... [続きを読む]

受信: 2005年12月 7日 (水) 13時03分

« 千歳市内の野鳥(2005/12/04) | トップページ | 千歳市内の野鳥(2005/12/05) »