« 千歳市内の野鳥(2005/11/23) | トップページ | 千歳市内の野鳥(2005/11/24) »

2005年11月24日 (木)

ミヤマカケス

kakesu051124 シマエナガの時にも書きましたが、北海道のカケスは、ミヤマカケスと言われる亜種で、頭の色が違います。
カケスの頭部は白色の地に黒い縦縞があるのですが、ミヤマカケスは、頭頂部が茶色です。
両方を見た印象として、これもエナガと同じように、カケスの方が「少し性格がきつそう?」と言うものでした。

ものまね上手で、他の野鳥の鳴き声をまねたり、一度、少しこもった「ワンワン」という犬の鳴き声が聞こえてきて、「あれっ?」とよく見るとミヤマカケスと言うこともありました。
アイヌ民族の「ユーカラ」の「かけすの使い」というものがあるのですが、村の飢饉を救うために、獲物や魚をさずける神に熱心に訴え、神は聞き入れてくれた、という話しで、野鳥の中で一番の雄弁家、として登場するのは、このことがあるのかもしれませんね。

|

« 千歳市内の野鳥(2005/11/23) | トップページ | 千歳市内の野鳥(2005/11/24) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125828/7297132

この記事へのトラックバック一覧です: ミヤマカケス:

« 千歳市内の野鳥(2005/11/23) | トップページ | 千歳市内の野鳥(2005/11/24) »