« 千歳市内の野鳥(2005/11/13) | トップページ | 千歳市内の野鳥(2005/11/14) »

2005年11月14日 (月)

シマエナガ

shimaenaga051114 初雪も降り、朝の最低気温もマイナスになる日が増え、「なまけ者鳥見人」の私には厳しい季節になってきました。
これからは、陽が昇る前に起き、寒い中を歩くこととなり、「今朝は止めようか」が増えます。
しかし「来て良かった。」と思うのは、なかなか夏に出会うことが少ない野鳥が徐々に増えてくることです。

その中でもエナガは、私の好きな野鳥の1種です。
真っ白い身体に黒やピンクのラインのアクセントが入り、丸い頭が少し大きく見え、スタイルはあまり良くないかもしれませんが、暖かそうなかわいさがあります。
 このエナガですが、北海道にいるエナガは「シマエナガ」と呼ばれ、エナガの亜種(同じ種類でも地域性が見られるもののことのようです)になります。
本州で初めてエナガを見た印象は、「きりっと締まった顔」だったのですが、北海道のシマエナガは、「少し間が抜けた感じで愛嬌がある」と言うところかもしれません。
その違いは、エナガには歌舞伎の隈取りのように顔に黒の太いラインが入っているのですが、北海道のシマエナガにはそれが無く、見た感じは「2枚目半」という感じで、少なくとも私には親しみが湧くのかもしれません。

|

« 千歳市内の野鳥(2005/11/13) | トップページ | 千歳市内の野鳥(2005/11/14) »

コメント

shimaさん、おはようございます。
うちの庭にも、シマエナガがよく来ますよ。
黒いライン、ネクタイに見えますよね。
可愛い鳥ですよね。

投稿: カナ | 2005年11月15日 (火) 09時27分

カナさん、こんにちは。
それから、書き方が悪くてごめんなさい(^_^;)
黒とピンクの線は、羽になんです(^_^;)
たぶん、カナさんが見ているのは、シジュウカラですね。
今度はシジュウカラのことを書こうと、急きょ、ネクタイがはっきりしている画像を探しているのですが、ちょっとまだかかりそうです。
でも、実家でも冬はシマエナガが来ますから、カナさんのところでも見られそうですね。(おさわがせしました)

投稿: shima | 2005年11月15日 (火) 19時21分

 shimaさん、はじめまして(でもないか)。苫小牧のkatsuoです。shimaさんのエナガの解説を読んで、なるほどなあと思っております。私も同感だからです。私も若い時はこのエナガが一番好きでした。今では、・・・他にも好きな鳥が増えてきたので、エナガが一番好きだとは言いにくくなってきましたが、それでも、こと可愛らしさの点では、やはりエナガが一番だなと思っております。
 私は大阪出身なので、若い時に見惚れていたエナガは目の上に太くて黒い眉のある、いわゆる普通のエナガです。このくっきりとした眉は、エナガの最大のチャームポイントでした。冬、山林を歩いていてこのエナガの群れ(カラ類の混群になっていることが多い)に出会うと、このエナガが完全に見えなくなってしまうまで、釘付けになっておりました。
 ところで、北海道には亜種のシマエナガがいて、このチャーミングな眉のないことは図鑑で知っておりました。本州のエナガは眉のないシマエナガではないので、このことが本当にうれしかったです。ところが、人生とは不思議。北海道に移り住むことになってしまったのですから。
 北海道に移ってくると、すぐにこのエナガの姿を確認しに林の中へ行きました。エナガを見つけると恐る恐る双眼鏡を手にしました。ガックリしました。もちろん、わかってはいたのですが。まるで人魚姫に恋した青年が、人魚には白くて綺麗な脚がないことに気がついたのと同じような心境でした。
 でも、不思議ですね。もう見たくないと思っていた、この北海道のエナガ(シマエナガ)も近年はとっても好きになりました。以前は、「眉がなければエナガじゃない」と言いたいぐらいに思っていたのですが、眉がない分の魅力をちゃんと持っているように思えてきたのです。本州のエナガはややくすんだ羽色であるのに対して、北海道のシマエナガは輝くような白さです。また、その羽毛のフワフワ感も高く、たとえて言えば綿毛の妖精がピョンピョコ飛び回っているようで、この鳥はこのままで素晴らしく美しく可愛く見えるようになりました。
 ずいぶん長々と書き込んですいません。私は以上のとおり、エナガ(シマエナガ)の大ファンなもので、ついつい書きすぎてしまいました。次回のシジュウカラを楽しみにしております。それでは。

投稿: katsuo | 2005年11月16日 (水) 20時14分

katsuoさん、こんにちは。
そうですよね。その場所で慣れたのが一番可愛くなりますよね。
もうしばらく本州には行っていませんが、行くたびに図鑑では知っていながら、実際に見ると、イメージがはっきりしました。
他に、亜種で同じ印象を持つものに、カケスとミヤマカケスがいますが、こっっちもいい画像が手に入ったらのお楽しみで(^_^;)
シジュウカラじゃなく、先にアオジになってしまいました(^_^;)

投稿: shima | 2005年11月16日 (水) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125828/7102211

この記事へのトラックバック一覧です: シマエナガ:

« 千歳市内の野鳥(2005/11/13) | トップページ | 千歳市内の野鳥(2005/11/14) »