« タンチョウは湿原が似合う | トップページ | 刈り取り後の小麦畑 »

2005年8月13日 (土)

愛の国から幸福へ

近くを通りかかったので、幸福駅に寄ってみました。
ご存じの通り、「愛国駅から幸福駅へ」で有名になったJRが国鉄だった頃の広尾線幸福駅(最後は無人駅?)です。
今は、広尾線も廃線になり、幸福駅も機能としてはなくなり、駅舎だけが残されています。
その後も「幸福駅」のブームだけは残り、今は観光バスの駐車場が出来、売店も出来ていて、一般の駐車場はマイカーで一杯でした。

その当時走っていただろう1両編成の列車が置かれていて、廃線になった当時の駅舎なのでしょう、古い木造の駅舎が残されていますが、その駅舎を見ていると、その当時、ここから毎朝、学生が乗っていった、その光景が目に浮かんできました。
実際に使っていた方々には、楽しいことも悲しいこともいっぱいあり、列車の中で勉強をし、おしゃべりをし、と言う光景が思い出される場所なのでしょうが、そのちょっとだけ外側の風景にはちょっと違和感が?と思うのは、斜に構えすぎかな?
koufukueki050813

|

« タンチョウは湿原が似合う | トップページ | 刈り取り後の小麦畑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125828/5453192

この記事へのトラックバック一覧です: 愛の国から幸福へ:

« タンチョウは湿原が似合う | トップページ | 刈り取り後の小麦畑 »