フォト

お知らせ

  • データについて
    ここに載せているデータは、あくまでも個人の観察データです。「いる」、「いない」等は私個人の観察結果ですので、確認できないものも多いと思いますので、ご了承下さい。
  • 画像について
    アルバムも含めて、載せられている画像はクリックすると拡大します。

バナー2

青葉公園の野鳥

  • シロハラ
    千歳市内にある青葉公園周辺で出会った野鳥たちです。 すべて、実際に青葉公園で撮ったものです。 つたないシロウトの画像ですので、良い画像が撮れたら順次差し替えます。

青葉公園の植物

  • サラシナショウマ
    青葉公園で確認できた植物です。 植物は得意ではありませんし、名前を確認してから載せますので、数が少なく、掲載も遅れることをお許し下さい。

なまけ者鳥見人ブログ

ブログ村(A)

  • 日本ブログ村
無料ブログはココログ

植物

2017年4月17日 (月)

ナニワズ

P1070877

今年は少し遅い感じがしますが、ナニワズがひっそりと咲いていました。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村



自然観察 ブログランキングへ

2017年3月13日 (月)

「北国の春」も間近?

P1150316

ちょっと何かを感じてくださった方は、同年代かもしれません。
キタコブシの花が咲くのもまだまだ1ヶ月先かもしれませんが、少しずつ準備を始めたようです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村



自然観察 ブログランキングへ

2016年8月 6日 (土)

オオウバユリひとつぼみ

Ooubayuri160805

公園内のオオウバユリがエゾシカに食べられたらしく、ほとんど花が見かけないことは何度も書きましたが、一つだけ、食べられずに生き延びたのがありました。
なんとか、一つぼみだけでも咲いて欲しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村



自然観察 ブログランキングへ

2016年7月16日 (土)

ホザキシモツケ

Hozakishimotsuke160716

コウホネの池の脇にホザキシモツケが咲いていました。
涼しい気候の湿地帯に分布するバラ科の植物です。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村



自然観察 ブログランキングへ

2016年7月 8日 (金)

コウホネの花

Kouhone160708a

コウホネの花が咲きました。
林東公園内のこの池は「コウホネの池」と呼ばれていますが、コウホネがあるのは全体の1/4ぐらい、この部分だけのようです。

Kouhone160708b

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

2016年6月30日 (木)

食べられたオオウバユリ

Ooubayuri160630
 
ここ数年、オオウバユリの上の部分だけないものが見られますが、エゾシカが食べたものと思われます。
今年もやはり同じものが見られ、これもエゾシカでしょうか?
たくさん群生していたのですが、なかなか見られなくなってしまいました。
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

2016年4月18日 (月)

ナニワズ

Naniwazu160418

ナニワズの花が咲き始めましたが、まだ咲いているのは少しだけです。
周りからの情報を比べると、青葉公園は遅いのかもしれません。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

2015年9月 3日 (木)

マムシグサ

Mamushigusa150903

マムシグサの真っ赤な実が、日の光を浴びて遠くからでも目立ちます。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

2015年8月 6日 (木)

林東公園のコケ

Koke150805

林東公園の北側の散策路は、一面にコケが生えています。
コケに夢中の芸能人も多いようですが、私には植物以上に識別が難しそうです。
コケは、周囲の環境に合わせて、生息しやすいように自分の身体を変化させてきたようで、それだけに種類が多いのかもしれません。
あまり見向きもされないコケですが、身体にため込んだ二酸化炭素の放出を食い止め、断熱作用から地面に熱が伝わるのを食い止め、地球温暖化を食い止める要素があるそうです。
また、土に水をためて植物の種子が芽を出しやすい環境をつくる働きもしているそうです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

2015年7月 3日 (金)

オオウバユリ

Ooubayuri150703a
以前、この小径の両脇には、オオウバユリの群生がありましたが、今はありません。
今年になって延びてきたけど、つぼみが食べられたようなあとがあります。

Ooubayuri150703b1
こちらの場所にはまだオオウバユリが少しだけ残っています。

Ooubayuri150703b
しかし、この群生もほとんどがつぼみだけがなくなっています。
これもエゾシカの影響だと思われます。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧